MENU

◆設備紹介

超音波

いわゆるエコー検査です。
当院では主に腹部、頚部の検査を行っています。

原因不明の腹痛精査をはじめ、肝・胆・膵臓、 前立腺、膀胱、子宮・卵巣などの悪性疾患の早期発見に有効です。
頚部のエコーでは甲状腺疾患および内頚動脈の状態を確認することができます。

スパイログラフィー

呼吸機能検査によりタバコ病といわれる慢性 閉塞性肺疾患や気管支喘息の評価・診断。

肺年齢を算出することができます。

内視鏡

当院では上部(食道~胃~十二指腸まで)
内視鏡をおこなっております。

確実な診断のためにもあえて口からの内視鏡をおすすめしておりますが、麻酔を使用しますので苦しい 検査ではありません。
ご希望により鼻からの胃カメラの設備もございます。
嚥下反射の強い方、お車での来院など麻酔を使用できない方はご相談ください。

ホルター心電図

夜間や運動時の胸部症状の鑑別のために24時間心電図をとりつづけます。
最新機器を導入しておりますので検査日の入浴も可能です。

マッチ箱半分ほどの小さな機械で負担なく検査が受けられるようになりました。

動脈硬化測定

わずか4分ほどの検査で血管のつまりや硬さを
測定します。

コレステロールが高い方は心筋梗塞・脳梗塞 などの重大な病気をひきおこす前に予防医学の 観点からも検査をおすすめします。

心電図

動悸がする・胸が苦しいなど症状がある方はまずこちらの機械で心臓の動きを確認します。

また高血圧の方の心臓負担の有無、状態の確認や内服薬を長期飲まれている方の副作用の 確認も行います。