MENU

◆選べます! 胃カメラ  口から  鼻から

当院では胃カメラを従来の口からの挿入に加え、鼻からも選択できるようになりました。

現在の胃カメラは口からのものでも十分細く、また当院では鎮静剤を使用して検査を行うため決して苦しい検査ではなくなってきておりますが、過去につらい思いをされた方、鼻からならやってみようかな・・・
と思っていらっしゃる方はぜひご相談ください。

胃がんは日本人に最も多いガンとされておりますが、早期に発見できれば治る病気になってきております。

症状がなくても年に1度は健診を兼ねて検査をお勧めします。

◆鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。

検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

Untitled-1

吐き気が起きにくい

 内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
 Untitled-2

会話ができる

検査中も会話が可能です。

質問したいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるので安心です。

gdfg